乳腺外来

乳腺専門外来について

乳房撮影装置(MAMMOMAT 3000Nova)

乳房撮影装置
(MAMMOMAT 3000Nova)

女性技師が担当します

女性技師が担当します

当院の外科では、乳癌などの乳腺疾患の診断のために「乳腺外来」を開設しております。

当日中に通常の診察(視触診)や乳房レントゲン撮影(マンモグラフィー)・超音波検査などを行い、結果をお話しいたします。

また必要な場合には穿刺細胞診検査を行いますが、この場合には1週後に再受診いただき結果をお知らせいたします。

乳腺外来の診察時間

毎週金曜日 午後

※年末年始・お盆・春秋の学会シーズンは休診となることがありますので、当該時期にはお電話などでご確認ください。

予約・受付方法

平成20年9月1日より、完全予約制となりました。
※当日の受付は行いませんのでご了承下さい。

電話予約受付時間

平日午後3時~4時30分(木曜日を除く)
〈代表〉03-3742-7301 内線1215(外科外来)

当日は、1階2番受付窓口にて、乳腺外来の受診をお申し出下さい。
必ず「健康保険証」をご持参ください。

費用について

  • 自由診療
    • 特に症状はないがご心配の方

    • 自費 14,469円(税込)※健保点数に準じています。
  • 保険診療
    • 何らかの症状のある方
    • 乳がん疑いで経過観察の方
    • 検診で指摘があった方

受診上の注意事項

  • ※検診か診察か迷う場合は看護師にご相談ください。
  • ※今までに乳腺外来を受けられた方も検診扱い(自費)になる場合がありますので予めご承知おきください。
    (平成20年9月1日より)
  • ※授乳中、妊娠中の方は看護師にご相談ください。
  • ※しこりや乳房全体が生理前に固くなる人は、できるだけ生理終了後10日以内に受診して下さい。

乳癌治療の現況

乳癌の治療は日進月歩です。
手術も縮小化の一途をたどり、放射線治療、抗癌剤治療、ホルモン治療を組み合わせて行う場合が多く、使用薬剤の組合わせ等のトレンドは変化が激しく、同時に治療成績も向上しています。

自己検診をしましょう

近年、乳癌になる方が増えてきています。
月に一度はご自分で調べてみましょう。
しこり・変形・変色・出血や褐色の分泌物・乳頭のただれ等に注意してください。
生理がある方は、生理が終わった後に調べましょう。

ページトップへ戻る