産婦人科

特色

周産期領域:当院の特色として、都内でも珍しい院内助産(つむぎ助産院)を有しております。自宅で過ごすようなリラックスした環境を提供し、なるべく自然な分娩を心がけています。妊娠中には助産外来、ヨガコースなどを通じて、安心してお産に臨めるように精神的・肉体的にケアを行います。また、分娩後のサポートにも力を入れており、育児サークル、断乳コース、乳房育児相談外来を通して分娩後のケアも積極的に行っています。ガイドラインに基づいた診療を周産期専門医のもと実践しております。重症症例など必要な場合、東邦大学医療センター大森病院産婦人科(MFICU)・新生児科(NICU)との連携を活かし迅速に対応しています。妊娠糖尿病・甲状腺疾患などの合併妊娠にも他科と連携し周産期管理を致します。

腫瘍領域:良性腫瘍(卵巣嚢腫・子宮筋腫など)の症例には、傷の目立たない腹腔鏡下手術を内視鏡学会技術認定医により施行しています。今年度から適応範囲(腹腔鏡下筋腫核出術・子宮全摘術)を拡大致しました。困難な症例は開腹手術にて迅速に計画いたします。
子宮がん検診における頸部異常に対しては、精密検査であるコルポ外来にて対応し、必要があれば円錐切除術を計画致します。

生殖・内分泌領域:近年、社会的な背景による晩婚化などもあり不妊症も増加しており、早期の受診が必須と考えられます。そのため不妊・不育外来を開設し、生殖医療専門医による診療を行っております。AFCやAMHなどにより卵巣年齢(卵巣予備能)を評価し、子宮卵管造影など含めた不妊スクリーニング検査などを適時・適切に施行し、並行してtiming指導・人工授精などの加療を行います。また、不育症(習慣流産)の相談・検査も行っています。

女性ヘルスケア:女性の人生において更年期は単なる通過点ですが、高齢でいかに健康に過ごすか(健康寿命)を考えた場合において、この時期(更年期)をどのように過ごすか?健康管理していくか?が重要なポイントとなります。当院では女性(更年期)医学会専門医のもと更年期~老年期における諸症状において、相談・診断・加療していきます。

大田区助成の子宮頸がん検診を実施しています

東京労災病院で大田区助成の子宮頸がん検診を実施いたします

検診で早期発見ができれば早期の治療に繋がりますので、ぜひご利用下さい。

対象: 大田区民の20歳以上の女性
実施期間: 平成29年7月1日~平成30年2月28日 (平日9時~12時、14時~16時で実施)
※木曜日は除きます
検診内容: 問診、視診、内診、頸部細胞診
(医師の判断で体部細胞診を同時実施する場合があります)
※希望者にはエコー検査(2,000円)を実施します
予約方法: お電話でご予約下さい
Tel.03-3742-7301 外来係まで
(予約受付時間は平日14時~17時)
※予約なしの場合、当日の枠が空いている時間帯の受診となりますので、お時間がかかる場合があります
大田区の受診番号通知書を必ずお持ちください
自己負担額: 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの誕生日における年齢で
偶数年齢の方:500円(体部細胞診実施の場合+500円)
奇数年齢の方:2,000円(体部細胞診実施の場合+2,000円)

検診結果説明について

検診結果説明は3週間後以降に行います。予約は不要ですが、必ず診療受付時間にご来院ください。(平日9時~11時30分、14時~16時)
※検診結果説明にはお早めにご来院ください。

当院で分娩を希望される妊婦さんへ

電話での事前予約は受付しておりません。直接来院していただき診察の上、予約をお取りする形になります。引っ越しや里帰りでのご出産のご相談もお受けしております。紹介状をお持ちになりご来院ください。
なお、予約状況は随時変わりますので、お早目のご来院をお願いいたします。

分娩費用について

①入院費、直接支払制度について

自然分娩の場合、ご出産に関わる入院費は、60万~65万円となります。
上記の金額は、入院初日にご出産し、約一週間でご退院された場合となります。
入院の日数や保険適用治療の有無、処置や検査の内容により、金額は増減いたしますのでご了承ください。

なお、平成21年10月1日から始まりました直接支払制度をご利用の場合、病院へのお支払いは、出産育児一時金の42万円(平成23年4月1日現在)を差し引いた金額となります。
ご不明な点は、医事課入院係へお問い合わせください。

②分娩予約金(保証金)について

平成22年10月1日以降、分娩予約をされた妊婦さんは、妊娠16週までに保証金20万円を総合窓口④番「お支払い窓口」へお預け下さい。ご不明な点は会計課会計係へお問い合わせください。

母児同室のご案内

当院では以前から面会時間外での母児同室を実施しておりましたが、平成25年10月中旬より完全母児同室を4人部屋で開始いたします。差額の室料はかかりません。

ご質問がございましたら、いつでもスタッフまでお問い合わせください。

母児同室のご案内

母児同室とは?

赤ちゃんとお母さんが、同じお部屋で過ごすことをいいます。

いつから始めるの?

経膣分娩の方も帝王切開の方も医師の許可のもと、出生当日から同室が可能です。どちらの場合もお母さんの疲労状況に合わせて希望があれば赤ちゃんを新生児室でお預かりします。
また赤ちゃんの状態によって同室できない場合があります。

いつから始めるの?

24時間母児同室をはじめます

面会方法について

詳しくはこちらをご覧ください。

「ドライテクニック」を導入しています

詳しくはこちらをご覧ください。

スタッフ紹介

名前 松江 陽一(まつえ よういち)
職名 産婦人科部長
学歴等 平成11年東邦大学卒
指導医 日本産婦人科学会
専門医等 日本産婦人科学会、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医、日本抗加齢医学会、NCPR(新生児蘇生)インストラクター、日本女性医学学会
専門分野等 生殖・内分泌(不妊症)、周産期
名前 吉田 義弘(よしだ よしひろ)
職名 産婦人科副部長
学歴等 平成6年中國醫藥大學卒
平成19年東邦大学 産婦人科 入局
専門医等 日本産婦人科学会、NCPR(新生児蘇生)インストラクター
専門分野等 腫瘍、周産期
名前 髙野 洋平(たかの ようへい)
職名 産婦人科医師
学歴等 平成19年長崎大学卒
専門医等 日本産婦人科学会、NCPR(新生児蘇生)インストラクター
名前 上村 有樹(うえむら ゆうき)
職名 産婦人科医師
学歴等 平成8年カリフォルニア大学バークレー校卒
平成22年東邦大学卒
専門医等 日本産婦人科学会
名前 鷹野 真由実(たかの まゆみ)
職名 産婦人科医師
学歴等 平成23年山口大学卒
専門医等 日本産婦人科学会
名前 片倉 雅文(かたくら まさふみ)
職名 産婦人科医師
学歴等 平成24年東邦大学卒

ページトップへ戻る