スポーツ・膝関節外来

当外来ではスポーツ活動や事故などで生じた靭帯損傷や半月板・軟骨損傷や経年的な軟骨の摩耗に伴う変形性膝関節症などの疾患を中心に対応しています。その他スポーツ活動でおこった損傷を診断・治療します。

診療をおこなう代表的疾患

前十字靭帯損傷

スポーツ外傷として頻度が高く、疾走中の急激な方向転換やジャンプ後の着地などによって損傷します。受傷時には断裂音や膝が外れた感じを自覚する事が多く、徐々に関節内の出血により膝が腫れて曲りが悪くなることが大きな特徴の一つです。急性期を過ぎると痛みと腫れが軽減しますが、関節の安定性が損なわれ、膝が容易にガクッと外れるような“膝くずれ”が起きるようになります。損傷した前十字靱帯を自然に100%の状態にまで修復することは困難で、スポーツ活動や日常生活動作で“弛さ”を感じたり“膝くずれ”を起こしてしまった場合、そのまま放置すると関節内の半月板や軟骨の損傷により、変形性膝関節症へ進行しやすくなるため、靭帯の再建手術を行うことが望ましいです。しかし、早期のスポーツ復帰をご希望される場合を除き、急ぐ必要はなく、仕事や学校、ご家庭での都合に合わせて手術時期を決定します。再建手術は、自身の数本あるうちの一本の膝屈筋腱を用い関節鏡視下で行います、皮膚切開は1cm程度が3か所と4cm程度が一か所で、大きな合併症もなく、成績も安定しているため、有効な治療方法として確立されています。再建靭帯の関節鏡視像再建後のX線像また、ラグビーや格闘技などコンタクトスポーツを行う重量級の患者さんの場合は膝蓋腱を用いた再建術を行うこともあります。前十字靭帯再建術で数多くのアスリートが復帰し、怪我の前と同じように活躍しています。入院は約1週間で、術後6~9か月でスポーツ復帰を果たしています。手術後は患者さんが希望されるレベルへのスポーツ復帰までのサポートが大きな役割となりますが、当院でも術後リハビリテーションのサポートさせていただきます。また、学校や仕事、家事などの都合で専門的なリハビリができない患者さんの場合には入院中にお渡しするリハビリノートを参考に、ご家庭や近くのジムで、自身によりリハビリを行うことも可能です。

半月板損傷

損傷部の関節鏡視像

半月板損傷は突然に起こる膝の痛みで、関節を動かす時や体重をかけた時に特に強く痛みを感じます。膝の中で物が引っかかるような感覚を感じたり音が鳴ったり、膝がずれるような違和感が起こる場合もあります。半月板の血行が良い部位では、自然に治癒する場合もあるので、まずは鎮痛薬、ヒアルロン酸注射などを用いて保存的に治療を行います。しかし、ひっかかり症状が強い場合は引っかかった半月板により関節軟骨の損傷や 膝関節拘縮を起こすことがあるため、手術を検討する必要が生じることもあります。手術療法として以前は、半月板切除術が一般的に行われていましたが、半月板を切除することで変形性膝関節症を続発するため、現在では可能な限り半月板を温存する手術が行われます。まず、関節鏡にて半月板の損傷の程度を確認し、縫合できる状態であれば半月板縫合術を行います。半月板の縫合できない場合には、傷んだ部分のみを最小限に切除する部分切除術を行います。傷は1cm程度のものが2-3か所残る程度です。

変形性膝関節症

高位脛骨骨切り術前・術後X線

変形性膝関節症は長寿化にともなって増加の一途をたどっている慢性疾患です。ゆっくりと進行するため症状や程度の幅が広く、どのような治療法を選択するかは、患者さん一人ひとりが望むゴールによって変わってきます。まずは保存的に運動療法、足底板治療、鎮痛薬、ヒアルロン酸注射などを用いた治療を行います。保存療法をおこなっても痛みが強く残る場合には手術による治療を検討します。進行した変形性膝関節症には人工膝関節置換術を行う事が多く、手術成績も良く、安定した手術です。しかし、激しいスポーツやランニングなど、活動量の高い動きになると自由の利かないところがあるため、患者さんの御年齢が若い場合や、スポーツを続けたいという目標であった場合は、ご自身の関節を温存する事の出来る手術を選択する事が可能です。近年、変形性関節症の患者さんへの治療として御自身の関節を温存する高位脛骨骨切り術(high tibial osteotomy:HTO)が可能となっています。当院でも行うことが可能です。大腿骨内側顆部骨壊死症と診断された方にも行うことのできる手術です。これらの疾患では、膝の内側に病変部があり下肢がO脚に変形し、内側に荷重がかかり強い痛みが起こるようになります。高位脛骨骨切り術は、O脚を矯正して正常な軟骨や半月板が残っている外側の関節に分散させる手術です。手術後は、自分自身の関節が温存されるため、可動域が改善され正座が可能となったり、スポーツや重労働にも耐えられます。膝の変形が少ない方、可動域が良い方、重労働を行う方、スポーツをしたい方等には最適な手術です。これまでは、若い方に行われてきましたが、医療技術・器材の進歩により、現在では高齢者の方で骨が弱い方でも安全に行われております。

その他スポーツ外傷

肩の脱臼、野球肘など上肢の傷害から、股関節の捻挫、足首の捻挫、アキレス腱断裂などの下肢の障害、軟骨損傷、疲労骨折、成長期の障害までスポーツドクターとして幅広く対応します。復帰時期の相談や「試合が近いのでどうにかしたい」などの相談もお待ちしています。トップアスリートからクラブ活動の生徒、市民愛好家まで幅広く診療・治療します。

当科医師の主なスポーツ団体・大会サポート実績

ラグビー トップリーグ:キヤノンイーグルス
トップイーストリーグ:東京ガスラグビー部
代表チーム:関東代表
   
総合格闘技 RIZIN
プロフェッショナル修斗

ページトップへ戻る