乳腺外科

乳腺外科

当院では2020年10月より常勤の乳腺専門医による診療を開始しています。対象疾患は、乳がんの他、線維腺腫・乳腺症に代表される良性疾患など多岐に渡り、診断から治療、緩和医療まで全てを担当します。また乳がん治療のみならず、検診も積極的に取り入れ、大田区乳がん検診の受け入れ及び超音波自費検診の院内体制整備を行いました。 以下、①乳がん診療、②検診についてご説明します。

①乳がん診療について 乳がん罹患者数は年間約90000人に上るとされ、今や10人~12人に1人が乳がんに罹患、女性において、乳がんはがん罹患第1位を占めます。40歳台後半にまず罹患のピークがあり、60歳台にもピークを呈します。社会的役割の多い、いわゆる「働き盛り」の世代でもなり得るため、治療はもちろんですが、精神面・社会的背景などにも配慮した診療を行って参ります。 治療は、乳癌診療ガイドライン・科学的根拠に基づき、手術に加え薬物療法・放射線療法など集学的治療を行います。医師のみならず、薬剤師、看護師など様々な職種が力を合わせ、チーム医療を行います。 また、乳がんの中にはBRCAと言う遺伝子の変異により、がん発症リスクが上昇する「遺伝性乳癌卵巣癌症候群」が5~10%含まれるとされ、遺伝子変異を有する場合は乳がんの他、卵巣がん・膵臓がん・前立腺がん等への罹患リスクが上昇します。2021年3月より遺伝性腫瘍外来を設立、院内でBRCA検査を行うことが可能です(ただし検査には一定条件が必要です)。検査の結果、必要であれば協力病院に依頼し、カウンセリング外来へご案内します。

②乳がん検診について 40歳以上でのマンモグラフィ検診は、乳がん死亡率低下に繋がると科学的に証明された検診方法で、現在日本では自治体検診 (区検診)で行っています。一方で、乳腺濃度が高い場合、マンモグラフィでは「しこり」としてのがん検出率低下が問題視されていました。超音波はマンモグラフィと併用することで発見率が上昇する反面、要精査率が高い・石灰化の観察は困難・人的要素など問題点も多く、現状は自費検診となっています。そこで、当院で自費検診も積極的に推奨し、予防医学にも尽力して参ります。検診結果は郵送でご案内します。

リハビリテーション科の職業復帰支援

日時:毎週火曜午後 完全予約制
・マンモグラフィ+超音波検診:13200円 (税込)
・超音波検診:6600円 (税込)

スタッフ紹介

外来担当医一覧はこちら

名前 金田 陽子(かなだ ようこ)
職名 乳腺外科副部長
学歴等 平成20年福井大学卒
認定医等 日本がん治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、乳がん検診超音波検査実施・判定医師
専門医 日本外科学会、日本乳癌学会
指導医 日本乳癌学会
専門分野 乳腺疾患

(令和3年4月1日現在)

ページトップへ戻る