平成27年度 東京労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 146 71 174 292 453 621 1417 2181 1617 392
(解説)
当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
当院は品川区・大田区を中心とした区南部保健医療圏に位置し、地域医療支援病院として、地域のみなさんの健康保持・増進を推進する役割を担っています。
そのため、地域の高齢化を反映し、60歳以上の患者さんの占める割合が7割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
平成26年度全退院患者数は7,551人で、平均年齢66.1歳、平成27年度全退院患者数は7,364人で、平均年齢67.4歳となっていて、60歳以上の患者が増加傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 142 3.32 3.07 0.70 69.57
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 86 6.55 4.87 0.00 71.28
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 5.38 5.99 0.00 73.98
(解説)
バイプレーン血管装置を使用した心臓の血管治療、四肢領域の血管治療、心臓カテーテル検査に実績があります。虚血性心疾患、心不全、不整脈、閉塞性動脈硬化症など、幅広く対応しています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 2 3.00 5.31 0.00 58.50
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 2 2.00 2.54 0.00 30.00
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 副傷病なし 2 5.00 5.26 0.00 75.50
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 4.84 6.17 4.44 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 6.30 6.31 0.00 4.10
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 7 4.57 11.59 14.29 0.00
(解説)
小児科は院内出生の新生児が全体の約45%を占めています。入院については院内出生の新生児に加え、肺炎や胃腸炎、尿路感染症といった対象疾患について、一般児の入院も受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 11.24 9.17 2.70 68.68
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 31 3.58 4.51 0.00 72.19
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 21 4.90 4.28 14.29 66.86
(解説)
平均年齢が高いことに伴い平均在院日数も全国平均より長くなっています。
なお、この指標には表されておりませんが、症例の多い胃、大腸、胆嚢はもとより食道、肝臓、膵臓など腹部臓器全般に対応するだけでなく、乳腺、血管、肺、肛門の疾患にも対応しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 131 40.78 28.70 27.48 81.46
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 69 26.39 21.52 13.04 79.33
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 56 6.48 5.70 0.00 57.88
(解説)
大腿骨の骨折は高齢の患者さんが多いことがわかります。また、高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、他の疾患と比較して、在院日数が長くなります。
その一方、前腕の骨折の場合には、比較的若い患者さんが多く、手術を行い一週間前後前後の短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 6.50 5.86 0.00 32.88
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 14 8.29 3.54 0.00 75.07
070590xx99x2xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等22あり 10 3.00 2.92 0.00 9.60
(解説)
形成外科は体表面および顔面など外から見える部位の疾患・外傷を扱う外科です。そのため、顔面損傷や眼瞼下垂の治療が多くなっています。
循環器科等と連携し「傷のケアセンター」を設置し、褥瘡や足壊疽などの治療に実績を上げています。また、生まれつきの異常(口唇口蓋裂、耳の変形、瞼の異常、手足の変形、胸腹部・陰部の異常)、外傷、熱傷、瘢痕、ケロイド、血管腫の治療など、多岐に渡り治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 55 17.09 18.08 20.00 69.76
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 27.51 19.32 45.71 68.60
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 11.25 7.52 7.14 60.57
(解説)
脳梗塞の患者さんが多く入院されていますが、平均在院日数は全国平均より短くなっています。
神経内科と連携して「脳卒中センター」を設置し、より高度な医療の提供を行っています。脳腫瘍については、髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍等の良性腫瘍の全摘手術(TSS含む)、glinoma等の悪性腫瘍に対する覚醒下手術も積極的に行い、年間手術件数は月平均20件となっています。特に未破裂動脈瘤、脳腫瘍の手術に関しては、東京以外からも受け入れています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 29 2.21 2.34 0.00 34.90
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 27 6.96 6.50 0.00 39.48
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 20 10.40 10.18 0.00 44.50
(解説)
出産は保険適用外の扱いになるため、こちらの統計の中には入っておりません。当院は、都内でも珍しい「院内助産院」を有し、周産期領域の対応を行っています。
腫瘍領域では卵巣嚢腫や子宮筋腫などの腹腔鏡下手術を実施し、子宮全摘術や腹腔鏡下筋腫核出術など以前より適応範囲を拡大して対応しています。近年、社会的な背景による晩婚化などもあり、生殖・内分泌領域では不妊症診療も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 6 14.00 8.62 0.00 68.00
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 5 10.20 11.08 0.00 55.80
020200xx9702xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 4 3.00 3.63 0.00 65.50
(解説)
医師交代に伴い件数は若干減少しました。なお、この統計の対象外になるため指標には表されておりませんが、白内障手術が多くを占めています。そのほかには、抗VEGF抗体硝子体内注射を積極的に実施し、硝子体手術も徐々に件数を伸ばしています。msts、翼状片や眼瞼手術などの外眼科手術も行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 90 19.97 18.08 18.89 75.37
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 28 7.64 6.30 0.00 71.04
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.11 7.03 0.00 62.93
(解説)
脳梗塞が多く、平均年齢が高いため、在院日数も全国平均より長くなっています。
神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉疾患の診療を担当します。脳卒中センターを設置し、脳神経外科と連携して脳卒中患者に対するt-PA治療のほか、てんかんやパーキンソン治療にも実績を上げています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 28 12.18 8.97 0.00 73.18
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 17 9.18 11.97 0.00 65.71
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 10 10.30 10.49 0.00 70.30
(解説)
帯状疱疹とは痛みを伴う皮膚病です。子供のころにかかった水疱瘡と同じウイルスが原因で、ストレスや過労などで体の抵抗力が低下すると、遺伝子の形からウイルス粒子に変わって再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に現れて炎症を起こします。平均年齢が高いことに伴い、入院日数も全国平均より長くなっています。
皮膚科では全身麻酔下での手術を毎週実施しています。3番目に入院の多い皮膚悪性腫瘍手術をはじめ、褥瘡や足の壊疽による切断症例なども実施しています。また、Qスイッチアレキサンドライトレーザーとロングパルス色素レーザーを備え、以前にも増してレーザー治療に取り組んでいます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 8.00 7.59 0.00 73.83
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 26 9.65 10.25 0.00 72.77
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 7.30 5.91 0.00 65.13
(解説)
膀胱腫瘍の入院が多くなっています。当科の手術件数もこの結果に則した値になっています。
尿路、性器の悪性腫瘍に対しては摘出術、化学療法、放射線治療を組み合わせて治療を行っています。主に腎癌、尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)、前立腺癌、副腎腫瘍等の治療を行っています。
良性疾患については、前立腺肥大症に対しては薬物療法、経尿道的切開術を中心に治療を行っています。その他、尿路感染症、小児尿路疾患、神経因性膀胱、尿路結石、包茎、尿道狭窄、慢性腎不全に対するブラッドアクセス造設など、多岐に渡った疾患の診療を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 128 12.61 14.34 4.69 73.27
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 81 10.91 13.38 0.00 71.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 18.08 21.69 5.66 85.57
(解説)
呼吸器内科では、肺炎治療の患者さんが最も多く全体の約20%を占めています。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、2週間以上の入院になることが多いです。肺炎のデータに関しては、指標4の成人市中肺炎の重症度別患者数等もご参照ください。次に多いのが肺癌で、全体の約10%を占めています。呼吸器内科では、気管支鏡検査を目的とした入院や、化学療法目的の入院などがあります。
腎代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 19 18.74 15.35 0.00 65.21
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 15 18.00 12.60 0.00 78.87
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 25.93 13.64 0.00 70.73
(解説)
糸球体腎炎及び膠原病、糖尿病などの全身性疾患に伴う腎症、さらに機能障害をきたした急性ならびに慢性腎不全の治療に診療実績を上げています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 57 7.84 7.91 0.00 69.21
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 7.50 7.38 1.85 58.91
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 47 5.45 5.50 0.00 47.04
(解説)
内視鏡学会専門医6名を中心に内視鏡センターを設置し、上部消化管、下部消化管内視鏡検査や治療実績を多く上げています。またこの指標には表されていませんが、肝臓専門医による肝炎、肝がん治療にも実績を上げ、消化器疾患全般にわたり実績を上げています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99101x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 111 13.32 10.55 1.80 68.53
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 73 14.77 15.35 0.00 66.99
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 5.83 3.86 0.00 47.58
(解説)
一般的な糖尿病教育入院のほか、内分泌疾患についても積極的に治療を行っており、間脳・下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺・骨代謝疾患、副腎疾患および性腺疾患などの症例についても実績を上げています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 7 9 40 8 14 1 7
大腸癌 11 15 17 25 13 122 1 7
乳癌 3 6 3 0 3 11 1 7
肺癌 20 5 41 51 4 106 1 7
肝癌 2 7 0 2 3 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
(解説)
当院は、消化器内科・外科では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、呼吸器内科・外科では肺癌の患者さんを多く診療しています。特にⅣ期の患者さんの割合が高くなっています。また、胃癌、大腸癌でⅠ期が多いのは、癌ができるだけ早期のうちに内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった、比較的患者さんへのダメージの少ない治療を行うことによって、患者さんへの負担を減らそうという試みが表れていると言えます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 27 11.93 53.11
重症度 1 41 10.83 77.76
重症度 2 46 18.22 80.67
重症度 3 21 28.81 84.00
重症度 4 2 6.00 74.00
重症度 5 1 24.00 88.00
不明 1 23.00 79.00
(解説)
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や、食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。
患者数が最も多いのは重症度2ですが、ほかの重症度も少なからず存在しています。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが表れています。
また、重症度0の患者さんの平均年齢が50歳ほどであるのに比べて、それ以上の重症度では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 41 7.10 69.85 0.00
その他 1 13.00 85.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 239 27.51 74.20 24.06
その他 27 19.89 74.56 1.13
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 20 9.15 73.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 72.00 93.00 25.00
その他 3 2.33 58.33 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 3 27.67 35.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
(解説)
脳梗塞等の分類にあたる患者さんの集計になるため、ほとんどが脳神経外科に入院された患者さんになります。とりわけ、I63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の7割以上を占めます。
急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳に近く、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 127 3.05 9.39 0.79 74.09
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 77 2.88 5.25 0.00 71.42
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 21 6.10 10.14 0.00 78.95
(解説)
四肢の血管拡張術・血栓除去術や経皮的冠動脈ステント留置術など、低侵襲の手術を多く行っています。26年度と上位3項目に変化はありませんが、実施件数がそれぞれ増加しました。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 1 0.00 0.00 100.00 0.00
(解説)
当院で出生されましたが、酸素入り不良等で当院小児科に入院となりました。しかし症状の改善が無かったため速やかに急性期高度専門病院へ転院となりました。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 K633ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 50 1.44 3.48 0.00 65.70
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 39 3.08 14.13 2.56 71.87
K672-2 K672腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 4.41 5.86 0.00 58.64
(解説)
ヘルニア手術や腹腔鏡下による胆嚢摘出術を多く行っています。上位3位以外でも腹腔鏡下で行われる手術も多く、手術に対する患者さんの負担をできるだけ小さくするように努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 123 4.80 29.70 20.33 73.20
K0462 骨折観血的手術 下腿 79 2.33 13.05 3.80 63.86
K0821 人工関節置換術 肩 58 3.41 33.47 1.72 70.31
(解説)
平均年齢から高齢者の骨折が多いことが分かります。26年度と上位3項目に変化はありませんが、平均年齢が高くなり、患者数も増加しました。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 7.31 91.00 12.50 79.44
K2191 眼瞼下垂症手術:眼瞼挙筋前転法 9 3.22 5.56 0.00 79.33
K427 頬骨骨折観血的整復術 7 1.29 5.43 0.00 46.57
(解説)
患者さんの状態により、外来では行うことのできない、眼瞼挙筋前転法による眼瞼下垂手術や皮膚・皮下腫瘍や悪性の皮膚腫瘍切除術を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 K164慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 0.86 18.59 13.64 80.55
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 19 7.89 32.58 26.32 63.74
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所) 19 1.89 36.47 15.79 54.84
(解説)
当院で多いのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。高齢患者さんの割合が26年度に比べ高くなりました。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 K888子宮附属器腫瘍摘出術(両側,腹腔鏡) 30 0.93 5.03 0.00 38.47
K9091 K909流産手術(妊娠11週まで) 26 1.19 0.08 0.00 33.85
K877 K877子宮全摘術 16 1.69 8.75 0.00 47.38
(解説)
腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術を多く実施しております。低侵襲に加え入院期間も短くなるため、患者さんへの負担が少ない方法になります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ K282水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合・その他) 310 0.37 1.45 0.32 74.25
K2801 K280硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 8 2.25 7.75 0.00 73.25
K281 K281増殖性硝子体網膜症手術 8 1.75 12.75 0.00 68.38
(解説)
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が集計対象の大半を占めます。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 28.20 33.40 50.00 83.90
K0061 K006皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) 2 25.00 28.50 0.00 76.50
K0461 骨折観血的手術 大腿 2 9.00 89.00 0.00 91.50
(解説)
神経内科で一番多い「胃瘻増設術」の集計を見ると、平均年齢が高く、在院日数は非常に長期になっています。これは、対象となった手術が予定された手術ではないことを示しています。経過中に必要に迫られ、受けた手術が指標に挙げられているということになります。また、2番目、3番目に多い「皮下腫瘍摘出術」は皮膚科、「骨折観血的手術」は整形外科の分野であり、他科との併診による結果だということができます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 21 1.43 14.05 0.00 75.52
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 8 4.75 21.25 0.00 67.25
K753 毛巣洞手術 6 1.17 3.00 0.00 32.67
(解説)
皮膚悪性腫瘍切除術は皮膚科の手術全体の約15%を占めています。当院では皮膚科の中でも皮膚外科の分野に主力を置いております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ K803膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 41 1.63 5.85 0.00 73.22
K783-2 K783経尿道的尿管ステント留置術 29 1.69 7.59 0.00 74.45
K8411 K841経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 28 1.86 7.25 0.00 72.07
(解説)
上位3つ以外でも、内視鏡下で行われる侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っております。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 16 20.25 45.94 31.25 80.94
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 4 9.50 12.00 0.00 79.50
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 3 2.00 13.33 0.00 52.67
(解説)
呼吸器内科の集計で一番多い手術の「中心静脈注射用植込型カテーテル設置」の在院日数が非常に長期になっています。これは、対象となった手術が予定手術ではないことを示しています。つまり、手術目的で入院されたわけではなく、呼吸器疾患で入院が長期になった患者さんが経過中に必要に迫られ、受けた手術が指標に挙げられているということです。
腎代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 K610内シャント設置術 20 14.05 29.15 15.00 71.65
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 19 1.21 6.11 21.05 68.89
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 17 6.82 15.53 5.88 67.41
(解説)
シャントとは、血液透析を行う際、充分な血液量が確保できるように、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管の事をいいます。内シャントは透析療法を始める1~2ヵ月ぐらい前に約1時間の手術を行って右手か左手、どちらかの腕につくります。
シャント拡張術とは、日々の透析での穿刺・止血の繰り返しにより、狭くなったりつまったりする血管をバルーンカテーテル(カテーテルの先端に小さな風船がついたもの)を使って内側から圧力をかけ、拡張を行う治療のことです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 302 1.82 2.10 0.00 67.07
K654 内視鏡的消化管止血術 41 0.51 16.88 0.00 67.83
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 39 1.67 8.90 2.56 69.21
(解説)
大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が多くなっています。内視鏡下のポリープ切除目的の2泊3日入院が典型的な症例です。また、この手術は腫瘍の部位や大きさによって分類されていて、類似手術の症例数を合計するとさらに多くなり、消化器内科で最も多く施行されている手術となります。
糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 24 3.63 1.46 0.00 63.50
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) 2 2.00 1.00 0.00 73.50
K386 気管切開術 2 16.50 231.00 50.00 75.50
(解説)
指標に挙げられている手術はそれぞれ違う診療科によって行われる手術です。これらが糖尿病・内分泌内科の指標に挙がっている理由は、各診療科から糖尿病・内分泌内科に転科したことにより、結果として当科に集計されるためです。
ある病気に対して、病院内の複数の診療科が連携して治療を行っていることが示されていると言えます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 16 0.22
180010 敗血症 同一 13 0.18
異なる 16 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.43
異なる 4 0.05
(解説)
【傷病名について】
○播種性血管内凝固症候群は、感染症などによって起こる全身性の重症な病態です。敗血症は、感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な病態です。DPC請求点数は、どちらも多くの医療資源を投入するため、点数が高額となります。当院における全症例数のうち、播種性血管内凝固症候群と敗血症に関する症例数及び発生率は、全国平均並みとなっています。
○真菌症は、真菌による感染症です。当院では、DPC請求実績がありませんでした。
○手術・処置などの合併症には、術後出血や創部感染などが挙げられます。手術・処置を行うことなどにより、発生してしまうリスクがあります。

【入院契機について】
○入院患者さんには、入院の契機となった病名(=入院契機病名)がつけられています。この入院契機病名が「同一」という意味は、ある病気の診療目的で入院し、主にその病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」という意味は、ある病気の診療目的で入院したものの、併発もしくは入院中に発症した違う病名(ここでは播種性血管内凝固や敗血症、手術・処置などの合併症)による治療が主に行われたことを表しています。
更新履歴
2016年9月29日
平成27年東京労災病院 病院指標を公開しました。

ページトップへ戻る