脳神経内科

特色

脳神経内科は、主に脳・脊髄・末梢神経疾患の診療を担当します。
代表的な疾患には脳卒中、認知症、パーキンソン病、頭痛、てんかん、めまい、髄膜炎などがあります。それらの中には急性に発症し、生命に関わる病気から、慢性経過で、長期に渡る治療が必要になる病気まで幅広く存在しています。
当科は、地域中核病院である当院の一翼として、入院が必要になる急性疾患に注力しております。その代表格が脳卒中です。脳卒中は、医療の進歩とともに死亡率が低下したものの、超高齢社会において発症数は増加しています。脳卒中のうち、脳血管の閉塞により脳細胞が障害を受け、麻痺や構音障害を呈する病気である脳梗塞については、発症から来院までの時間が早いほど、効果的な治療を行える可能性が高くなります。その他、頭痛、ふるえ、しびれ、めまいといった日常生活に支障を及ぼす症状・疾患に対しても速やかな対応を心がけております。
当科受診をご希望の方は、かかりつけ医療機関からの紹介状をご持参の上、お越し下さい。
当科での急性期加療が終了し、経過が安定した場合は、かかりつけ医療機関への逆紹介を推進しております。これにより、新たに入院精査・加療が必要な方へ、安定して医療を供給することが可能となります。当科は、かかりつけ医療機関と協力し、患者様を総合的にサポートしていくことを目指しております。

スタッフ紹介

外来担当医一覧はこちら

名前 国松 東旭(くにまつ とんう)
職名 脳神経内科副部長
学歴等 平成17年 獨協医科大学卒業
平成24年 獨協医科大学大学院卒
認定医等 日本内科学会認定医
専門医 日本神経学会専門医
専門分野 脳血管障害の内科的治療、頭痛、神経内科一般

ページトップへ戻る