院長挨拶

病院長 杉山 政則

病院長 杉山 政則

当院は1949年5月に設立され、70年以上の歴史があります。独立行政法人労働者健康安全機構が全国に展開する労災病院の中でも、最も歴史ある病院の一つとして位置づけられております。
設立当初の目的は周辺の京浜工業地帯で頻発する労働災害による疾病の治療でありましたが、時代とともに労働環境は改善し疾病構造も変化し、現在では「地域医療」と「勤労者医療」を診療の2つの大きな柱としています。

1. 地域医療の中核として信頼される総合病院
地域の皆様に安全で質の高い医療を提供いたします。急性期医療、救急医療や癌診療に重点を置いています。優れた医療スタッフと最新の医療設備を備えています。
東京都から「地域医療支援病院」の指定を得て、近隣の医療機関と連携を図っています。地域包括ケア病棟も運用しています。
「東京都指定二次救急医療機関」として、24時間体制で救急医療に取り組んでいます。一刻を争う脳卒中や心疾患にも迅速に対応いたします。
癌診療について各科の診療体制は充実してきており、病院全体でキャンサーボードを行っています。2019年には最新の放射線治療装置を導入しました。今後さらに癌診療を推進してまいります。

2. 勤労者医療の中核的役割を担う
働く人々の職業生活を医療の面から支えるという理念のもと、予防から治療、リハビリテーション、早期職場復帰にいたる一貫した高度・専門的医療の提供を行い、労働政策の一翼を担っています。
人間ドックや一般健診に加えて、じん肺、アスベストなどの労災関連の特殊健診も行っています。
当院は全国の医療機関に先駆けて、「治療と就労の両立支援」の事業を行ってきました。勤労者が仕事を続けながら治療を受ける、あるいは治療後に仕事に復帰することを支援します。現在、「治療就労両立支援センター」を併設しており、特に癌とメンタルヘルスに関しては全国の労災病院の中でも中心的な役割を果たしています。

3. 災害拠点病院
「東京都災害拠点病院」の指定を受けています。近隣医療機関と連携しながら災害医療を行ってまいります。

4. 羽田空港から一番近い総合病院
国内外からの旅客の診療にあたっています。羽田空港での災害医療に協力する体制を準備しています。

当院の基本理念は「命の輝きを共有できる病院」です。患者さんや勤労者・地域の皆様の命の輝き、すなわち健康・生命を改善し維持することをめざしています。さらに職員全員の命の輝きもめざしており、職員の健康・生活を守り、働いて楽しい、働きがいがある病院を目標としています。
当院は今後も地域医療と勤労者医療のために職員一同努力してまいりますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

院長略歴

1977年3月 東京大学医学部卒業
1990年6月 東京大学第一外科助手(医局長)
2005年1月 杏林大学外科教授
2018年4月 杏林大学名誉教授
東京労災病院院長

専門分野

消化器外科、肝胆膵外科、胆膵内視鏡、膵嚢胞性腫瘍

ページトップへ戻る