令和2年度 東京労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 55 63 184 199 318 495 800 1619 1278 330
当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
令和2年度全退院患者数は5,341人で、平均年齢68.2歳でした。
当院は品川区・大田区を中心とした区南部保健医療圏に位置し、地域医療支援病院として、地域のみなさんの健康保持・増進を推進する役割を担っています。
そのため、地域の高齢化を反映し、60歳以上の患者さんは全体の7割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 147 3.22 2.66 0 68.72
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 43 6.3 7.74 0 68.81
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 14.97 9.53 8.82 77.59
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 9.58 7.71 0 66.46
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 21 4 5.41 0 72.95
内視鏡学会専門医3名を中心に内視鏡センターを設置し、上部消化管、下部消化管内視鏡検査や治療実績を多く上げています。
またこの指標には表されていませんが、肝臓専門医による肝炎、肝がん治療にも実績を上げ、消化器疾患全般にわたり実績を上げています。

腎臓代謝内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 42 4.07 4.51 23.81 72.86
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 11 17.36 13 0 79.27
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 17.23 - -
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 11.04 - -
110280xx991xxx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり - - 7.62 - -
糸球体腎炎及び膠原病、糖尿病などの全身性疾患に伴う腎症、さらに機能障害をきたした急性ならびに慢性腎不全の治療に診療実績を上げています。
これら腎疾患に加え、糖尿病、高血圧、水電解質異常、膠原病、血管炎、腎盂腎炎の診断治療が得意とする分野です。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 50 3.36 3.39 0 72
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 43 19.16 20.51 16.28 86.37
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 34 10 9.42 0 76.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 30 15.63 18.61 0 71.97
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 21.94 13.3 0 77.44
呼吸器内科では、今年度において肺癌の患者さんが最も多く全体の37%を占めています。次に多いのが誤嚥性肺炎を含む肺炎治療の患者さんで、全体の34%を占めています。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、2週間以上の入院になることが多いです。肺炎のデータに関しては、指標4の成人市中肺炎の重症度別患者数等もご参照ください。呼吸器内科では、気管支鏡検査を目的とした入院や、化学療法目的の入院なども行っています。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 51 21.8 14.6 0 69.31
100250xx99x21x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病あり 34 12.44 8.86 0 58.15
100202xxxxxxxx その他の副腎皮質機能低下症 10 15.3 10.53 0 54.3
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし - - 5.39 - -
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 定義副傷病なし - - 6.26 - -
一般的な糖尿病教育入院のほか、内分泌疾患についても積極的に治療を行っており、間脳・下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺・骨代謝疾患、副腎疾患および性腺疾患などの症例についても実績を上げています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 20 15.64 19.35 69.58
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 12.67 7.48 0 69.42
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 9.36 4.94 0 60.82
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 17.35 - -
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし15歳以上 - - 17 - -
脳卒中では、脳神経外科と共働で、rt-PAや血管内治療など急性期治療をしています。平均在院日数が全国平均より長いですが、急性期の病院に加え地域包括ケア病棟があり、すぐに転院・自宅退院が難しい患者にもシームレスな医療を提供できます。認知症や神経難病の診療にも力を入れていきます。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 126 2.99 3.07 0.79 71.47
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 103 5.51 4.44 0 72.35
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 64 22.94 17.23 1.56 83.02
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 48 5.31 4.95 0 71.38
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 6 5.43 3.57 77.21
虚血性心疾患、心不全、不整脈、閉塞性動脈硬化症など、幅広く対応しています。バイプレーン血管装置を使用した心臓の血管治療、四肢領域の血管治療、不整脈に対するカテーテルアブレーションに実績があります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 14 2.93 6.13 7.14 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.19 - -
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 8.14 - -
小児科は院内出生の新生児が全体の9割以上を占めています。入院については院内出生の新生児に加え、急性気管支炎や肺炎、喘息といった対象疾患について、一般児の入院も受け入れています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 28 5.64 4.86 0 73.18
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 9.32 7.23 0 65.55
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 19 18.95 16.19 0 77.16
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 17 9.35 10.3 0 70.53
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 19.08 15.31 0 70.15
平均年齢が高いことに伴い平均在院日数も全国平均より長くなっているものがあります。
症例の多い大腸はもとより食道、肝臓、膵臓など腹部臓器全般に対応するだけでなく、胃、胆嚢、乳腺、血管、肛門の疾患にも対応しています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 13.5 10.83 0 71.11
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 12.67 10.08 0 35.93
160450xx99x00x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 9.7 - -
160450xx99x10x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし - - 10.81 - -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 3.39 - -
心臓と乳房以外の胸部の疾患に対して外科治療を中心として対応しており、肺がんをはじめ、気胸などの肺のう胞性疾患、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫等、多岐にわたり診療実績をあげています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 104 49.74 25.09 6.73 78.79
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 54 7.04 5.18 1.85 54.24
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 46 29.85 18.81 4.35 79.54
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 37 38.73 23.36 0 75.76
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 31 12.32 13.96 0 37
股関節、大腿骨近位の骨折並びに脊本体の骨折の患者さんは高齢の方が多いことがわかります。また、高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、他の疾患と比較してリハビリ期間も必要なため、在院日数が長くなります。
その一方、前腕の骨折や手関節周辺の骨折・脱臼の場合には、比較的若い患者さん~60歳代ぐらいの患者さんが多く、手術を行い一週間前後の短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 4.3 3.07 0 71.4
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし - - 4.11 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.76 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.28 - -
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1あり - - 63.79 - -
形成外科は体表面および顔面など外から見える部位の疾患・外傷を扱う外科です。そのため、顔面損傷や眼瞼下垂の治療が多くなっています。
当院では「傷のケアセンター」を設置し、褥瘡や足壊疽などの治療に実績を上げています。また、生まれつきの異常(口唇口蓋裂、耳の変形、瞼の異常、手足の変形、胸腹部・陰部の異常)、外傷、熱傷、瘢痕、ケロイド、血管腫の治療など、多岐に渡り治療を行っています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 17.23 15.64 19.35 72.97
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 19 12.32 12.04 0 77.58
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 19 7.47 8.18 0 77
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 7.92 7.48 0 61.62
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 25.83 18.86 8.33 67.5
脳梗塞の患者さんが多く入院され、急性期血行再建術を行っています。
脳腫瘍については、髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍等の良性腫瘍の全摘手術(TSS含む)、glinoma等の悪性腫瘍に対する手術も積極的に行っています。特に未破裂動脈瘤、脳腫瘍の手術に関しては、東京以外からも受け入れています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 18 9.94 12.87 0 66.67
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 7.71 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.76 - -
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 15.28 - -
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 手術あり - - 34.05 - -
当科の手術件数は、入院外来併せて年間800件以上で、全国的にも上位の実績があります。
皮膚科では全身麻酔下での手術を毎週実施しています。皮膚の悪性腫瘍手術をはじめ、褥瘡や足の壊疽による切断症例なども実施しています。また、Qスイッチアレキサンドライトレーザーとロングパルス色素レーザーを備え、以前にも増してレーザー治療に取り組んでいます。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 34 3 2.54 0 72.32
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 25 6.76 5.67 0 61.04
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 24 7.5 7.05 0 74.5
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 20 9.35 8.52 0 73
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 19 9.95 13 0 69.68
膀胱腫瘍の入院が多くなっています。当科の手術件数もこの結果に則した値になっています。
尿路、性器の悪性腫瘍に対しては摘出術、化学療法を組み合わせて治療を行っています。主に腎癌、尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)、前立腺癌、副腎腫瘍等の治療を行っています。
良性疾患については、前立腺肥大症に対しては薬物療法、経尿道的切開術を中心に治療を行っています。その他、尿路感染症、小児尿路疾患、神経因性膀胱、尿路結石、包茎、尿道狭窄、慢性腎不全に対するブラッドアクセス造設など、多岐に渡った疾患の診療を行っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 14 9.57 9.57 0 47
120140xxxxxxxx 流産 13 2.15 2.42 0 32.15
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 12 6.75 6.16 0 44.17
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし - - 3.11 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 11.19 - -
出産は保険適用外の扱いになるため、こちらの統計の中には入っておりません。当院は、都内でも珍しい「院内助産院」を有し、周産期領域の対応を行っています。
腫瘍領域では卵巣嚢腫や子宮筋腫などの腹腔鏡下手術を実施し、子宮全摘術や腹腔鏡下筋腫核出術など以前より適応範囲を拡大して対応しています。近年、社会的な背景による晩婚化などもあり、生殖・内分泌領域では不妊症診療も行っています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 137 4.06 4.95 0 76.31
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 66 3.03 2.76 0 71.52
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 28 4.61 6.49 0 71.14
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 6.3 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 5.65 - -
当院眼科では、白内障の患者さんが多く、次いで黄斑の患者さんが多い結果となっております。
硝子体手術は、最も傷口の小さい27ゲージ、もしくは25ゲージといった小切開硝子体手術を全例で施行しています。エビデンスに基づいた自己閉鎖創による無縫合手術を行うことで、「最大限の視機能回復」・「早期社会復帰」が可能となり、平均在院日数も全国平均より短くなっております。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 45 6.49 6.71 0 56.47
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 37 5.92 4.94 0 66.7
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 26 6.96 5.63 0 33.81
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 24 8.96 7.94 0 26.04
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 12 8.08 7.52 0 59.17
耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭の疾患に対応しており、令和2年度は慢性副鼻腔炎に次いで、前庭機能障害(めまい)の入院が多くありました。
扁桃、アデノイドの慢性疾患については、比較的若い患者さんが多くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 6 5 17 4 10 1 8
大腸癌 12 15 26 15 23 49 1 8
乳癌 11 10 4 0 0 11 1 8
肺癌 29 6 17 35 43 81 1 8
肝癌 4 3 2 0 1 15 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、消化器内科・外科では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、呼吸器内科・外科では肺癌、さらに外科(乳腺外科)では乳癌の患者さんを多く診療しています。胃癌でⅠ期が比較的多いのは、癌ができるだけ早期のうちに内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった、比較的患者さんへのダメージの少ない治療を行うことによって、患者さんへの負担を減らそうという試みが表れていると言えます。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査⼊院に該当する患者さんが多く、⼊院中に検査結果が出ていないため病期分類ができていないことなどが理由として挙げられます。
(がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」としております。)

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.36 55.18
中等症 33 21.52 80.52
重症 7 24.43 80.29
超重症 1 22 88
不明 0 0 0
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や、食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。
患者数が最も多いのは重症度2(中等症)ですが、ほかの重症度も少なからず存在しています。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが表れています。
また、平均年齢も重症度があがるにつれ高くなっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化する傾向がわかります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 159 25.01 74.48 20.35
その他 13 32.69 75.69 2.33
脳梗塞等の分類にあたる患者さんの集計になるため、ほとんどが脳神経内科・脳神経外科に入院された患者さんになります。
発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の9割以上となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 170 1.57 1.74 0 69.49
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 24 1.63 24.5 16.67 76.17
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 21 1.86 8.71 0 73.33
K654 内視鏡的消化管止血術 18 1.44 13 5.56 74.56
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 17 5.29 18.41 0 76.88
大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が多くなっています。内視鏡下のポリープ切除目的の2泊3日入院が典型的な症例です。また、この手術は腫瘍の部位や大きさによって分類されていて、類似手術の症例数を合計するとさらに多くなり、消化器内科で最も多く施行されている手術となります。

腎臓代謝内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 44 1 3.84 18.18 73.59
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 13 9.92 24.69 7.69 70.85
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施) - - - - -
シャントとは、血液透析を行う際、充分な血液量が確保できるように、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管の事をいいます。内シャントは透析療法を始める1~2ヵ月ぐらい前に約1時間の手術を行って右手か左手、どちらかの腕につくります。
シャント拡張術とは、日々の透析での穿刺・止血の繰り返しにより、狭くなったりつまったりする血管をバルーンカテーテル(カテーテルの先端に小さな風船がついたもの)を使って内側から圧力をかけ、拡張を行う治療のことです。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 65 1.91 5.62 1.54 72.6
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 61 4.23 13.69 6.56 77.31
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 37 1 3.19 0 70.95
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 36 2.61 4.28 0 74.06
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 18 4.78 16.33 0 78.61
四肢の血管拡張術・血栓除去術や経皮的冠動脈ステント留置術など、低侵襲の手術を多く行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 2.04 4.8 0 65.04
K6335 鼠径ヘルニア手術 15 1.4 3.4 0 74.27
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.53 4.8 0 72
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 6 12.08 0 78.5
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 11 5.36 26.82 9.09 72.55
ヘルニア手術や腹腔鏡下による胆嚢摘出術を多く行っています。上位のもの以外でも腹腔鏡下で行われる手術も多く、手術に対する患者さんの負担をできるだけ小さくするように努めています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 16 4.31 8.25 0 73.13
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 15 3.2 8.47 0 35.93
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 14 4.07 10.93 0 71.64
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
K5134 胸腔鏡下肺切除術(肺葉切除又は1肺葉超) - - - - -
腹腔鏡下による肺悪性腫瘍手術を多く行っています。早期肺癌例には、区域切除などの肺機能温存手術、進行肺癌例には両側縦隔拡大リンパ節郭清などの拡大手術、また、局所進行肺癌や複数のリンパ節転移のある肺癌には呼吸器内科と放射線治療科と協力して、手術に抗癌剤や放射線を組み合わせた集学的治療を行う等肺癌のステージや肺機能に応じて、手術を行っています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 91 4.49 35.24 4.4 69.96
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 74 5.34 36.58 0 74.91
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 65 1.77 13.62 0 59.51
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 44 1.05 2.86 0 48.66
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 32 5.69 49.88 15.63 82.63
診断群分類別患者数の指標でも表れていましたが、大腿骨の骨折は高齢者の患者さんが多く、リハビリを受けられるため平均在院日数も長い傾向が見られます。
また、前腕の骨折は、比較的若い患者さんが多く、在院日数も短く、転院はせず自宅に帰られる傾向が見られます。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 1.25 15.5 5 78.2
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
脳梗塞急性期での経皮的脳血栓回収術、脳動脈瘤のコイル塞栓術等の血管内治療が増えてきています。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 0.73 9.13 0 79.33
K084 四肢切断術(上腕、前腕、手、大腿、下腿、足) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
当院では皮膚科の中でも皮膚外科の分野に主力を置いております。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 44 0.57 5.48 2.27 69.11
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 42 1.33 5.81 0 73.9
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 23 1.17 4.7 0 61.96
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 22 1 7.55 0 72.05
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) - - - - -
上位のもの以外でも、内視鏡下で行われる侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っております。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 15 1.93 7.67 0 52.53
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 15 0.93 5 0 42.4
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 10 1 0.2 0 31.6
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) - - - - -
上位のもの以外でも、腹腔鏡による子宮全摘術等を行っています。低侵襲に加え入院期間も短くなるため、患者さんへの負担が少ない方法になります。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 222 0.02 2.8 0 74.12
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 27 0 3.37 0 74.11
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が集計対象の大半を占めます。
上位2疾患の平均術前日数がほぼ0日なのは、ほとんどの患者さんが予定入院で手術日に合わせてご入院されるためです。
平成29年度より両眼白内障の方は1回の入院で両眼手術を行っております。上記のうち約6割の方が1回の入院で両眼手術を行っています。
なお、集計の都合上、白内障手術を同時に行った硝子体手術患者数は、硝子体手術の患者数には含まれていません。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 42 1.74 4.05 0 55.1
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 1.09 7.64 0 27.95
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 12 2.08 4.92 0 61.58
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -
耳鼻咽喉科で手術を受ける患者さんのほとんどが、予定入院でご入院されます。
他の診療科と比較して患者さんの平均年齢が低いことがわかります。
(10件未満の症例は”ー”で表示されます。)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.04
異なる 26 0.49
180010 敗血症 同一 12 0.22
異なる 23 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 3 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.06
異なる 0 0
【傷病名について】
○播種性血管内凝固症候群は、感染症などによって起こる全身性の重症な病態です。敗血症は、感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な病態です。DPC請求点数は、どちらも多くの医療資源を投入するため、点数が高額となります。
○真菌とはカビのことです。真菌感染症とはカビが様々な患部に定着することに起因する感染症です。健康の人には抵抗力があり普通は感染しませんが、弱っていると免疫力低下により感染します。
○手術・処置などの合併症には、術後出血や創部感染などが挙げられます。手術・処置を行うことなどにより、発生してしまうリスクがあります。

【入院契機について】
○入院患者さんには、入院の契機となった病名(=入院契機病名)がつけられています。この入院契機病名が「同一」という意味は、ある病気の診療目的で入院し、主にその病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」という意味は、ある病気の診療目的で入院したものの、併発もしくは入院中に発症した違う病名(ここでは播種性血管内凝固や敗血症、手術・処置などの合併症)による治療が主に行われたことを表しています。
更新履歴
2021年9月30日
東京労災病院 病院指標を公開しました

ページトップへ戻る