看護部

Q&A

:オンライン面接は可能ですか?
:可能です。ご希望される方はメール(info@tokyoh.johas.go.jp)へご連絡ください。
:定例の試験日程だと都合がつかないのですが、受験することは可能ですか?
:定例の試験日でなくても、採用試験は実施しております。随時行っていきますので、総務課までご連絡ください。ご希望の日程の範囲内で調整し、別途ご連絡差し上げます。
:転勤することはありますか?
:キャリア形成等の観点から本人の希望に応じて、他の労災病院で勤務できる制度があります。また、概ね2〜3年間、他の労災病院で勤務ができる派遣交流制度もあります。
:奨学金制度はありますか?
:看護師・助産師学校養成所及び看護系大学に在学中であり、卒業後当該免許取得者として東京労災病院に勤務する意思を有することを誓約した方に貸与する奨学金制度があります。卒業後、東京労災病院に貸与期間と同等の期間、看護職員として従事した場合は奨学金の返還が全額免除となります。詳細な制度内容(貸与期間、金額、書類等)に関しては総務課までお問い合わせください。
:希望の部署に配属されますか?
:第1〜3希望まで伺い、希望の範囲内で配属するように配慮しています。
:将来、特定看護師(または特定認定看護師)、専門看護師、認定看護師を目指せますか?
:既定の看護実務経験があり、活動の目標が明確な方に育成支援制度の適用があります。資格取得のために、出張扱い給与全額支給、受講にかかる経費助成などの支援制度があります。
:生活環境について教えてください。
:最寄駅は、JR京浜東北線の蒲田駅または大森駅、京浜急行本線の平和島駅です。また、羽田空港に一番近い病院で、1時間以内に都内のどこへでも移動が可能です。休日を利用し、海外や国内遠方にも気軽に行け、開催される学会や研修会にも恵まれ、さまざまな分野の知識を得ることができます。
:3交代制でも休みが取れますか?
:取れます。
休みの希望があれば考慮いたします。また、睡眠サイクルや女性のリズムの乱れを少なくさせると言う労働者の健康に留意し勤務シフトを組んでいます。
:教育体制はどのようになっていますか?
:集合研修と現場教育になります。プリセプターが1人ずつつき、さらに教育担当者、看護師長補佐、看護師長とも連携し部署全体で支援しています。また、年間を通してe-ラーニング配信や新人の集合研修があり、知識や親睦を深める集合教育があります。詳しくは教育制度のページをご覧下さい。

お問い合わせ

  • 独立行政法人労働者健康安全機構
  • 東京労災病院 総務課
  • 〒143-0013 東京都大田区大森南4−13−21
  • 電話 03-3742-7301
  • FAX  03-3744-9310

ページトップへ戻る