本文へ

中央放射線部

中央放射線部の理念

勤労者医療と地域医療として、安心して医療を受けられる質の高い医療を目指します

基本方針

  1. 正確な情報に基づく医療安全システムを構築します
  2. 他職種との意思疎通を図り、放射線専門職として精度の高い医用画像情報と治療を提供します
  3. 安全対策マニュアルを熟知し、医療事故防止と被ばく低減に努めます

特色

中央放射線部は、診療放射線技師23名(男性17名、女性6名)で構成されており、患者様の安全を最優先に考え、被ばくの最適化と高品質な画像を目指し、常に技術の向上に励んでいます。
一般的なX線撮影からCT、MRIなどの高度な画像診断まで、幅広い技術を駆使し、正確な画像データを提供することで、医師の診断を支援しています。また、放射線治療においても、最適な治療計画の立案と実施に貢献し、患者様の回復に向けて中心的な役割を果たしています。
私たちは、チームワークを大切にし、医師や看護師と連携して、患者様が安全で安心できる環境を提供できるよう、日々努力を重ねています。

スタッフ

(令和6年4月1日現在)

中央放射線部長 林 美智子
主任放射線技師 5名
診療放射線技師 17名

認定資格等

X線CT認定技師 3名
肺がんCT検診認定技師 2名
磁気共鳴専門技術者 2名
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 1名
核医学専門技師 1名
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 6名
放射線管理士 2名
放射線機器管理士 2名
医療情報技師 2名
第1種放射線取扱主任者 5名
医学物理士 1名
臨床実習指導教員 2名
Ai認定診療放射線技師 1名

所属学会等

日本診療放射線技師会 17名
日本放射線技術学会 9名
日本心血管インターベンション治療学会 1名
日本磁気共鳴医学会 1名
日本医療情報学会 1名
循環器画像技術研究会 2名
日本医学物理学会 2名
日本医学物理士会 1名
東京都放射線治療技術研究会 1名

検査実績

2021年度 2022年度 2023年度
一般撮影 31615 31818 30181
マンモグラフィ 606 570 598
骨密度検査 733 731 837
TV透視検査 761 871 719
血管撮影(IVR含む) 1042 1085 887
CT検査 15402 15252 15898
MRI検査 6784 7026 6837
RI検査 600 622 548

機器ラインナップ

X線撮影RADspeed Pro style edition GLIDE Class(島津製作所)他2式
立位及び臥位式のFPD型X線撮影装置です。低線量で高画質な撮影を可能とし、当院ではDRL(診断参考レベル)の75%基準値より低線量で撮影を実施しています。
X線撮影RADspeed Pro style edition GLIDE Class(島津製作所)他2式
3.0T-MRI Skyra(シーメンス)
高磁場マグネット、TrueForm、患者様にやさしいワイドボアなど、最先端の技術を搭載しています。高画質な画像を提供します。

詳細はこちら

3.0T-MRI Skyra(シーメンス)
1.5T-MRI MAGNETOM Altea(シーメンス)
磁石の力で全身の断層像を撮影することができます。また、造影剤がなくても血管を描出できるため、脳動脈瘤の発見に威力を発揮します。当院では3.0T-MRIとの2台体制で検査を行っています。
1.5T-MRI MAGNETOM Symphony(シーメンス)
80列X線CT Aquilion Helios(キャノンメディカル)
短時間撮影、被ばく低減及び金属アーチファクト除去など、最新の技術を搭載しています。また、ワークステーションZio Station 2を用い、脳血管3Dや仮想気管支鏡も瞬時に作成可能です。

詳細はこちら

80列X線CT Aquilion Helios(キャノンメディカル)
64列X線CT装置 SOMATOM Sensation (シーメンス)
1回転0.33秒の高速回転により、短時間で全身撮影が可能です。特に動きに弱い心臓検査で威力を発揮します。当院は64列CT2台及び80列CT1台の3台体制で検査を行っています。

詳細はこちら

64列X線CT装置 SOMATOM Sensation (シーメンス)
血管撮影 Allura Clarity(フィリップス)
汎用タイプのバイプレーン式 (2管球)DSAです。当院では「頭の先からつま先まで」全身の血管内治療を行っています。

詳細はこちら

血管撮影 Allura Clarity(フィリップス)
血管撮影 Azurion7 F20 (フィリップス)
クリニカルエクセレンスとワークフローイノベーションを一体化し、心臓領域の診断・幅広い治療のパフォーマンスを向上。また多様な手技に対して、簡便に確信を持って治療を行うことができます。リスクを最小限に抑え、セットアップを簡素化し効率性と柔軟性を向上させることが可能。先進的な診断・治療をサポートするライブイメージガイダンス機能により患者様に質の高い治療を提供します。
血管撮影 Azurion7 F20 (フィリップス)
X線TV ZEXIRA(キャノンメディカル)
上下部消化管をはじめ泌尿器科、婦人科、整形外科領域など、あらゆる透視検査を行います。17インチの大視野FPDを搭載し、低線量で高精細な画像を提供します。
X線TV ZEXIRA(キャノンメディカル)
核医学検査 Symbia Evo Excel(シーメンス)
微量な放射線を発するRI(ラジオアイソトープ)を投与し、脳(血流・認知機能)、心筋血流、骨病変などの検査を行います。

詳細はこちら

核医学検査 Symbia Evo Excel(シーメンス)
骨密度測定 Discovery(ホロジック)
腰椎や股関節の骨密度を測定し、骨粗しょう症の診断に用います。腰椎正面の他、側面にも対応可能で、より正確なデータを提供します。
骨密度測定 Discovery(ホロジック)
マンモグラフィ MAMMOMAT Revelation
検診・精査に対応する最上位機種。
これまで見つけにくかったものが、しっかりと観察できます。これまで分かりにくかった組織の違いが、はっきりと判別できます。MAMMOMAT Revelationは診断能でマンモグラフィ検査に新たな違いを生み出す最新鋭機器です。撮影は5名の女性技師が担当します。
マンモグラフィ MAMMOMAT 3000Nova(シーメンス)