看護部

教育理念

教育理念

私たちは、「一人一人が自己のキャリア開発に主体的に取り組み、誰からも信頼される看護師」を育成します。

教育目標

  1. 人として、専門職業人として、自己実現できるように教育環境を整えます。
  2. 個人のワークライフバランス・学習ニード・成長過程を尊重した段階的な生涯学習を支援します。

キャリアアップ制度(看護師育成の概念図)

キャリアアップ制度(看護師育成の概念図)

新人教育

新人(新卒看護師)研修計画

  off-JT研修 ナーシングスキル
4月 看護部の組織・理念・社会人としての心構え
看護部の教育、看護協会について
看護倫理
電子カルテ、ナーシングスキルの使い方
診療看護師、専門・認定看護師紹介
社会人基礎力①
メンタルヘルスマネジメント①
褥瘡予防技術・ポジショニング
トランスファー
酸素療法
吸引
食事・口腔ケア援助技術
経腸栄養
糖尿病の薬物療法、自己血糖測定の意義・手技上のポイント
バイタルサイン測定
せん妄に対する看護
身体拘束
指示確認・処方箋・注射箋の見方
ダブルチェック
採血・検体の取り扱い
注射ミキシングプライミング
生食ロック
以下のナーシングスキルは1年間のうちに視聴する。

上手な叱られ方
聴く力
迅速なフィジカルアセスメントで行う急変予測と対応
日常の看護ケアで考える倫理
急変対応
やさしい心電図の読み方・基礎編
バイタルサインの評価
安全安楽な採血を目指して静脈血採血
薬剤の基礎知識安全管理が必要な医薬品
看護に活かす看護必要度
災害時の医療と看護(スタッフ編)
看護記録~基礎編~

上記以外にも各月のoff-JTに合わせたナーシングスキルの事前・事後課題あり
5月 コンチネンスケア
重症度、医療・看護必要度
医療安全研修①
勤労者看護①
6月 メンタルヘルスマネジメント②
静脈注射(薬剤・安全)
BLS
7月 クラーク・看護補助者の業務・役割
PFM・MSWの業務・役割
3か月の振り返り
8月 静脈注射(解剖生理学・感染)
静脈注射(演習)
9月 メンタルヘルスマネジメント③
社会人基礎力②
メンバーシップ・チームワーク
6か月の振り返り
10月 急変予測と対応
心電図の読み方(基礎)
シミュレーション研修(多重課題・急変対応)
11月 医療安全研修②
看護倫理②
コミュニケーション
看護診断
災害看護
12月 勤労者看護②
社会人基礎力③
1月 メンタルヘルスマネジメント④
緩和ケア・エンゼルケア
看護観
2月 静脈注射(演習・テスト)
3月 医療安全研修③
社会人基礎力④
1年の振り返り

※ナーシングスキルは指定された期日内に自宅または図書室で受講しテストを受け、所属の看護師長に提出

新人研修風景

新人研修風景その1 新人研修風景その2 新人研修風景その3
新人オリエンテーション
(場所:東京労災病院)
フィジカルアセスメント
(場所:テルモメディカルプラネックス)
急変時の対応
(場所:テルモメディカルプラネックス)

新人研修風景

当院においては、新人看護師一人に対して決められた経験のある先輩看護師が1年間の任期で、新人の研修を担当します。

新人看護師の声1

既卒採用者教育・フォロー

教育

当院では、既卒採用者の方が円滑に業務ができるように、「既卒採用者教育ガイドライン」を作成しています。

「東京労災病院 看護部 既卒採用者教育ガイドライン」はこちら

キャリアアップ支援

院外教育

看護部の推薦により、出張で研修を受けられます。
看護部の推薦により、出張で研修を受けられます。
看護部の推薦があれば、出張で参加できます。個人の休暇での参加も可能です。
看護部の推薦があれば、出張で参加できます。個人の休暇での参加も可能です。

その他の支援制度

奨学金制度の利用
  • 看護系大学・大学院・助産師学校への進学。
  • 病院長の推薦があれば奨学金を利用して進学できます。
  • 卒業後、一定期間、労災病院へ勤務すれば返還は免除されます。
交流派遣制度

全国労災病院間で短期、長期(2年)の交流派遣ができます。

研修派遣制度

専門看護師・認定看護師等になりたい方を全面的にバックアップします。

透析室 透析看護認定看護師 私は、看護師5年目で認定看護師へキャリアアップする目的で当院へ転職しました。転職前は地方で透析看護に携わり、主に透析導入前から維持透析患者へ看護を行っていました。当時は自己学習で透析看護を学んでいましたが、透析看護についての教育を受け、看護の質を高めたいと考えてキャリアアップ支援を行っている当院を選びました。認定看護師教育課程在学中は出張扱いとなるため、資金面でも非常に助かりました。また、院内教育も充実しており、自分のレベルに応じた研修を受ける事が出来るのは魅力的だと思います。現在は透析看護認定看護師として、患者のQOLの向上をめざした看護を実践することが出来ています。

4階西病棟 助産師 私は、高校生から助産師を目指しており、看護専門学校卒業後に助産師学校への入学を考えていました。しかし、卒業後に東京労災病院へ就職することが決まっており、進学は迷惑をかけてしまうのではないかという不安や、経済面も自立しておらず、学費や生活費への不安もありました。しかし、看護部長からの温かい言葉や進学への後押しがあり、看護学校卒業後は1年間休職させて頂き、助産師学校へ入学することが出来ました。また、奨学金制度を利用させて頂くことができ、学費や生活費に困ることなく学生生活を送ることが出来ました。東京労災病院は、病院全体でキャリアアップへの支援、環境が整っています。キャリアアップを目指している方も、悩んでいる方も是非この病院で一緒に頑張りませんか?

お問い合わせ

  • 独立行政法人労働者健康安全機構
  • 東京労災病院 総務課
  • 〒143-0013 東京都大田区大森南4−13−21
  • 電話 03-3742-7301
  • FAX  03-3744-9310

ページトップへ戻る