看護部

看護部理念

理念

私たちは誰からも信頼され心温まる看護を目指します

基本方針

  1. 看護倫理を遵守した安全で安心できる看護を提供します
  2. 勤労者医療・地域医療・急性器医療における役割を認識し、チーム医療を推進します
  3. 組織の一員として、病院経営に参画します

目標

  1. 組織の一員としてお互いを尊重しあい活き活きと働き続けられる職場環境を整える
  2. 看護の核となる力を高め、知識・技術・態度に基づいた「考える」看護を実践する
  3. チーム医療を推進し、対象のいのち・くらし・尊厳をまもり支える
  4. 地域とのつながりを深め、入院前から退院後までのシームレスな連携を強化し地域医療構想へ対応する
  5. 病院経営へ主体的に参画する

看護部長あいさつ

 当院は大田区の最も南に位置し、東側にはモノレールや首都高速が走り、東京湾や羽田空港が望めます。 また、小説「下町ロケット」で描かれた約3500の町工場があり「モノづくりのまち」としても知られ、大森蒲田地区という「精密工業のまちの中」に位置しています。
 病床は高度急性期、急性期、回復期の3つの機能を備えています。

― こころ満ちて命の輝きを抱き続けるために ―
 私たち東京労災病院の看護職は、医療を必要とする全ての人たちのこころとからだの回復に真摯に向き合い、もてる看護の力を全力で発揮することに努めています。
 当院で提供する医療の充実はもとより、当院の医療を通じて、心豊かに希望に満ちた生活を得て欲しいという想いを込めて、看護を実践しています。
 私たちは、患者さんにとって最適な医療をコーディネートするために、院内における職種間の緊密な連携によるチーム医療を始め、地域の医療機関、介護施設等の看護職同士による医療連携の充実等、深く、広く看護の知見、技術の進歩に努めています。
こうした取り組みを重ねることにより、患者さんとの信頼関係を形成するとともに、こころとからだの回復により、新たに踏み出すその人らしい人生が、命の輝きとともに送れるようになることが、私たち東京労災病院看護職一同が目指す看護の力です。
 心ひとつをキーワードに、私たちと看護の力を発揮したい方を心よりお待ち申し上げます。

副院長 / 看護部長 真部 高子

病棟紹介

7東病棟 主な診療科:循環器科、脳神経内科

虚血性心疾患での心臓カテーテル検査と治療、脳卒中の患者さんが多く、急性期 から慢性期まで看ることのできる病棟です。認定看護師が在籍しており、全スタッフがプロ意識をもって切磋琢磨しています。20代のスタッフが多く、明るく一緒に成長できる職場です。

7西病棟 主な診療科:呼吸器内科、腎代謝内科

肺がんの診断から抗がん剤・放射線治療を受けられる方が入院されています。 緩和ケアチームに相談・連携し、がん告知後のケアや治療選択時の意思決定支援、症状緩和に対するケアや在宅支援などに取り組んでいます。また血液透析を導入 する患者さんも多く、シャント管理の指導や日常生活における説明を行い、退院後の生活を見据えたケアを心がけています。

6東病棟 主な診療科:消化器内科、総合診療科

食道・胃・小腸・大腸などの消化器疾患、肝臓・胆のう・膵臓系疾患があり、 内視鏡検査・治療を行っています。急性期・慢性期・終末期・緩和ケアなど様々な健康レベルの方が入院しています。

6西病棟 主な診療科:外科、呼吸器外科、皮膚科、耳鼻科

周手術期から、在宅に向けてのケアまで幅広い看護を行っている病棟です。 入院時より多職種と協働しながら退院後の生活を見据えて支援を行っています。 患者さん・ご家族の思いを大切にし、安全で安楽な医療・看護を提供するために、スタッフ一同協力して日々頑張っています。

5東病棟 地域包括ケア病棟

急性期治療を終えた患者さんが退院に向けリハビリを行ったり自宅・施設等の退院準備を行う病棟です。 患者さんが退院後も地域で安心して過ごしていただけるよう、経験豊かな看護師が支援しています。

5西病棟 主な診療科:整形外科、泌尿器科、小児科

急性期・周術期の看護がメインですが、早期リハビリテーション期の患者様もいらっしゃいます。 患者年齢は0歳から100歳以上まで様々です。回復する姿が目に見え、看護の過程や成果を実感できる病棟です。看護師は20代から50代まで勤務 しており、小さなことでも相談し合い、助け合いの思いを尊重し、仕事をしています。

4東病棟 主な診療科:脳神経外科、糖尿病・内分泌内科、眼科

急性期から慢性期、手術から教育入院の患者さんまで様々です。 スタッフは20代が多く、チームワークがとれており雰囲気の良い病棟です。 混合病棟で幅広い知識と技術が必要になりますが、実地指導者だけでなく全スタッフでサポートしますので安心してください。

4西病棟 主な診療科:産婦人科

産婦人科と他科の女性患者30床の混合病棟です。新生児から高齢者まで幅広く看護が実践できます。 都内でもめずらしい院内助産院を有しており、自宅で過ごすようなリラックスした環境を提供し、なるべく自然な分娩を心がけています。

ICU病棟

2010年に開設し、6床で稼働しています。全診療科の重症ケア、術後ケアを行っています。 早期離床リハビリテーションにも力を入れており、治療の過程で回復が目に見えるのでやりがいがあります。

手術室

年間約3000件の手術を行っています。 外科、整形外科、脳外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻科、眼科で様々な手術を学べます。勤務体系は、交代勤務ではなく待機勤務です。手術経験の長いスタッフが多く、緊急手術、新しい手術に柔軟に対応しています。ぜひ見学に来てください!

外来

22診療科と、化学療法室、内視鏡室、救急室、血液浄化療法室、放射線科、採液室、検診部から構成されています。スタッフは総勢61名です。 外来での治療の範囲も広がり、継続看護、在宅看護に力を入れています。

入退院支援センター

入院前から退院後まで患者・家族と病院スタッフ、地域在宅医療チームの方々をつなぐ「架け橋」です。 MSWや医療連携室と協働し、安心して退院ができるように支援しています。

お問い合わせ

  • 独立行政法人労働者健康安全機構
  • 東京労災病院 総務課
  • 〒143-0013 東京都大田区大森南4−13−21
  • 電話 03-3742-7301
  • FAX  03-3744-9310

ページトップへ戻る