看護部

特定看護師

看護師として一定の経験と、かつ専門的な研修を修了した看護師が、特定行為(2014年、保健師助産師看護師法の改正により所定の研修を終了した看護師が、 予め作成した指示書に基づき実施できる、厚労相が定めた38の医行為のことです。)を実施する事があり、38行為のうち一部分を取得し実践している看護師です。 *既に認定看護師の資格を有する看護師は特定認定看護師という。

診療看護師

看護師として5年以上の実務経験と日本NP学会認定の大学院で医学的知識を習得し、患者さんのために医師とともに一定の診療をタイムリーに行うことのできる診療と看護の能力を持つ看護師です。 38の特定行為はもちろん医師の直接指示のもと様々な行為の実践に関わります。 当院では診療看護師1名が在籍しており、看護師の役割拡大やチーム医療の一員として多職種と協働し、治療(Cure)と看護(Care)から患者さんにより良い医療提供ができるように関わっていきます。

専門・認定看護師

当院では、11領域の専門・認定看護師15名が活躍しています。
専門分野における患者さんのニーズに応える看護実践をはじめ、看護スタッフへの指導や、緩和チーム・感染対策チーム・褥瘡対策チーム・NSTチームなど他職種とともにチームの一員として病院全体を舞台に活躍しています。 また、専門外来(看護外来)の開設や医療連携の一環として訪問同行や相談システムも導入しています。 専門的な知識と技術を持った看護師や助産師が療養生活やサポートを行なっています。詳しくは以下、「看護外来」「院外活動」のページをご参照ください。

所属領域と人数

精神看護(リエゾン精神看護) 1名 透析看護 1名
皮膚・排泄ケア 3名 手術看護 1名
集中ケア 1名 摂食・嚥下障害看護 2名
緩和ケア 1名 脳卒中リハビリテーション看護 1名
感染管理 1名 慢性心不全看護 1名
糖尿病看護 2名

看護外来

専門的な知識や技術を持った看護師や助産師が患者さんの療養生活や妊婦さんへのサポートを行なっております。 病院理念の基本方針でもある「安全で心温まる医療の提供」を目指し、患者さんの生活に寄り添いながら、生活をサポートしていきます。 当院では、糖尿病療養相談外来(透析予防指導を含む)・糖尿病フットケア外来・ストーマ外来・助産外来・乳房育児相談外来・不妊外来があります。 看護外来は予約制となっております。それぞれの予約方法が異なりますので、受診を希望される方は外来日と予約方法をご確認ください。

看護外来一覧

看護外来
糖尿病療養相談外来
※金曜日は透析予防指導を含む
毎週
14:00~17:00
毎週
13:00~17:00
毎週
14:00~17:00
毎週
13:00~17:00
毎週
13:00~17:00
糖尿病フットケア外来     第2・第4
9:00~12:00
毎週
9:00~12:00
 
ストーマ外来       毎週
9:00~12:00
 
助産外来 毎週
9:00~15:00
  毎週
9:00~15:00
   
乳房育児相談外来
※金曜日は断乳コース
  毎週
9:00~15:00
  毎週
13:00~15:00
毎週
9:00~15:00
不妊相談外来 毎週
14:00~15:30
       

看護外来の予約方法と実施場所

看護外来 予約方法 実施場所
糖尿病療養相談外来 当院、糖尿病内分泌内科通院中の方が対象です。
診察時、医師にご相談ください。
場所:糖尿病療養相談室(看護)
糖尿病フットケア外来 糖尿病の方が対象です。糖尿病内分泌内科通院中の方は、診察時、医師にご相談ください。
初めての方は、糖尿病内分泌内科医師の診察が必要です。
他院通院中の方は、糖尿病内分泌内科医師の診察が必要になりますので紹介状をお持ちの上、医療連携室にご連絡ください。
場所:
水曜日  整形外来
木曜日  皮膚科・形成外科外来
ストーマ外来 当院、泌尿器科および外科外来通院中の方が対象です。9:00~16:00「ストーマ外来担当看護師」に電話でご連絡ください。
初めての方は、泌尿器科・外科医師の診察が必要になります。
場所:外科外来
助産外来 当院、産婦人科通院中の方が対象です。診察時、医師にご相談ください。 場所:産婦人科外来
乳房育児相談外来 当院だけでなく、他院で分娩した方もご予約いただけます。
平日の8:30~16:00に産婦人科外来へお電話でご連絡ください。
場所:産婦人科外来
不妊相談外来 看護師による不妊相談を受け付けております。平日の14:00~16:00に産婦人科外来へお電話でご予約ください。 場所:産婦人科外来

看護外来の紹介

【糖尿病療養相談外来】
糖尿病は一生にわたって療養行動が必要な病気です。 食事や運動をはじめ、日常生活におけるあらゆる事が糖尿病のコントロールに関係してきます。 当院では、糖尿病看護認定看護師・糖尿病療養指導士が、生涯にわたりコントロールが必要な患者さんに対して、生活や仕事の療養の両立を図るために相談を行なっております。 血糖測定のノートや器械、血圧ノートなどをご持参ください。

【糖尿病フットケア外来】
糖尿病の患者さんは様々原因により、足にトラブルを生じやすく、ひいては足病変(潰瘍や壊死)といった状態に陥ることがあります。 当院ではフットケア専門の看護師が糖尿病の患者さんに対して肥厚した爪の爪切り、巻き爪やタコの処置、靴の選び方、足のセルフケア指導などを行なっております。 普段よく履いている靴でお越しください。爪はできるだけ伸ばしてきてください。

【ストーマ外来】
ストーマをお持ちの方が日常生活をより快適に過ごせるよう、当院では皮膚・排泄ケア認定看護師が消化器系ストーマ、泌尿器系ストーマを造られた患者さんを対象に、不安や悩みの相談を行なっています。 日々のストーマ・ケアに不安がある、現在使用している装具が良いのか不安、皮膚のかゆみや痛みがあるなど、様々な悩み事に対応しています。 なお、装具を外して診察しますので、来院時は使用している装具を一組お持ちください。

【助産外来】
当院で出産される方を対象に健診や保健指導に加え、マタニティライフの中での疑問や不安、分娩への思いを大いに語っていただく場として提供しています。 助産師がその思いを受け止めて、個人のマタニティライフに合った方法を一緒に考えアドバイスいます。詳細については、「産婦人科:助産外来」をご参照ください。

【乳房育児相談外来
出産を終え、赤ちゃんを育てていく中で、おっぱいや育児についての疑問・不安・悩みを相談いただける場として提供しています。 断乳コースもあります。詳細については、「産婦人科:乳房育児相談外来、断乳コース」をご参照ください。

【妊活相談外来】
医師による不妊・育児相談外来に併設して、生殖医療相談士の資格を持つ看護師による妊活相談外来を行なっています。 なかなか赤ちゃんを授からないと不安になり悩みを抱えてしまうことがあります。 誰にも相談できないデリケートなこともあると思いますが、専門の看護師にご相談ください。

院外活動

地域医療の一環として院外活動も積極的に行なっており、同行訪問や勉強会の開催を実施しています。 詳細につきましては、「医療連携:認定看護師による在宅患者同行訪問のご案内、認定看護師相談システムのご案内」をご参照ください。

お問い合わせ

  • 独立行政法人労働者健康安全機構
  • 東京労災病院 総務課
  • 〒143-0013 東京都大田区大森南4−13−21
  • 電話 03-3742-7301
  • FAX  03-3744-9310

ページトップへ戻る