中央放射線部

中央放射線部の理念

勤労者医療と地域医療として、安心して医療を受けられる質の高い医療を目指します

基本方針

  1. 正確な情報に基づく医療安全システムを構築します
  2. 他職種との意思疎通を図り、放射線専門職として精度の高い医用画像情報と治療を提供します
  3. 安全対策マニュアルを熟知し、医療事故防止と被ばく低減に努めます

特色

中央放射線部は当院の中央診療部に属し、診療放射線技師17名(男性12名、女性5名)で構成されています。主な業務として、X線・マンモ・CT・MRI・血管造影・TV・RI等の撮影業務の他、放射線治療も行っています。当部は第一に患者様の医療安全に重きを置き、積極的にインシデントレポートを作成そして情報を共有しています。また、放射線を使用した検査(レントゲン・CT検査等)による医療被ばくの低減も努めています。スタッフは積極的に多種学会・研修会へ参加し日々の研鑽も怠りません。

スタッフ

(令和2年6月1日現在)

中央放射線部長 若林 一成
主任放射線技師 4名
診療放射線技師 17名

認定資格等

X線CT認定技師 3名
肺がんCT検診認定技師 1名
磁気共鳴専門技術者 1名
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 1名
核医学専門技師 1名
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 3名
放射線管理士 1名
放射線機器管理士 1名
医療情報技師 1名
第1種放射線取扱主任者 3名
第1種放射線取扱主任者(試験合格) 1名

所属学会等

日本診療放射線技師会 16名
日本放射線技術学会 5名
日本心血管インターベンション治療学会 1名
日本磁気共鳴医学会 1名
日本医療情報学会 1名
日本職業・災害医学会 1名
日本消化器画像診断情報研究会 1名
循環器画像技術研究会 3名
東京都放射線治療技術研究会 1名

検査実績

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
X線撮影検査 42,335 41,407 40,560 38,986 36,566
マンモグラフィ 488 479 520 493 354
骨密度検査 817 652 764 806 692
X線透視検査 1,400 1,297 1,181 1,071 932
血管撮影検査 1,077 1,236 1,170 1,036 1,408
IVR(血管内治療含) 469 784 742 593 738
CT検査 15,693 15,332 15,585 15,592 15,285
MRI検査 8,255 7,933 8,072 7,699 7,408

機器ラインナップ

X線撮影 AXIOM Aristos MX/VX(シーメンス)3式
立位及び臥位式のFPD型X線撮影装置です。低線量で高画質な撮影を可能とし、当院ではDRL(診断参考レベル)の75%基準値より低線量で撮影を実施しています。
X線撮影 AXIOM Aristos MX/VX(シーメンス)3式
3.0T-MRI Skyra(シーメンス)
高磁場マグネット、TrueForm、患者様にやさしいワイドボアなど、最先端の技術を搭載しています。高画質な画像を提供します。

詳細はこちら

3.0T-MRI Skyra(シーメンス)
1.5T-MRI MAGNETOM Symphony(シーメンス)
磁石の力で全身の断層像を撮影することができます。また、造影剤がなくても血管を描出できるため、脳動脈瘤の発見に威力を発揮します。当院では3.0T-MRIとの2台体制で検査を行っています。
1.5T-MRI MAGNETOM Symphony(シーメンス)
80列X線CT Aquilion Helios(キャノンメディカル)
短時間撮影、被ばく低減及び金属アーチファクト除去など、最新の技術を搭載しています。また、ワークステーションZio Station 2を用い、脳血管3Dや仮想気管支鏡も瞬時に作成可能です。

詳細はこちら

80列X線CT Aquilion Helios(キャノンメディカル)
64列X線CT装置 SOMATOM Sensation (シーメンス)
1回転0.33秒の高速回転により、短時間で全身撮影が可能です。特に動きに弱い心臓検査で威力を発揮します。当院は64列CT2台及び80列CT1台の3台体制で検査を行っています。

詳細はこちら

64列X線CT装置 SOMATOM Sensation (シーメンス)
血管撮影 Allura Clarity(フィリップス)
汎用タイプのバイプレーン式 (2管球)DSAです。当院では「頭の先からつま先まで」全身の血管内治療を行っています。

詳細はこちら

血管撮影 Allura Clarity(フィリップス)
血管撮影 Artis zee multi-purpose(シーメンス)
FPD搭載多目的Cアーム型血管撮影装置です。主に全身の血管撮影を行っていますが、透視装置ライクな設計により消化器や整形領域など、幅広い検査に対応できます。3Dアンギオも撮影可能です。
血管撮影 Artis zee multi-purpose(シーメンス)
X線TV ZEXIRA(キャノンメディカル)
上下部消化管をはじめ泌尿器科、婦人科、整形外科領域など、あらゆる透視検査を行います。17インチの大視野FPDを搭載し、低線量で高精細な画像を提供します。
X線TV ZEXIRA(キャノンメディカル)
核医学検査 Symbia Evo Excel(シーメンス)
微量な放射線を発するRI(ラジオアイソトープ)を投与し、脳(血流・認知機能)、心筋血流、骨病変などの検査を行います。

詳細はこちら

核医学検査 Symbia Evo Excel(シーメンス)
骨密度測定 Discovery(ホロジック)
腰椎や股関節の骨密度を測定し、骨粗しょう症の診断に用います。腰椎正面の他、側面にも対応可能で、より正確なデータを提供します。
骨密度測定 Discovery(ホロジック)
マンモグラフィ MAMMOMAT 3000Nova(シーメンス)
当院は日本乳がん検診精度管理中央機構が定めるマンモグラフィ検診施設に認定されています。撮影は5名の女性技師が担当します。
マンモグラフィ MAMMOMAT 3000Nova(シーメンス)

ページトップへ戻る